風俗で新年を迎えた

道理というか、本能

風俗は男のためのサービスじゃないですか。他のサービスの場合、男女ともにお客として想定しなければならないですけど風俗に関してはお客は男だけなんです。だから男だけに特化すれば良いんですよね。そう考えると、風俗って男のためのサービスと言っても決して過言ではないんです。むしろだからこそ男にとっての理想そのものなんです。それはもはや道理というよりも本能なんじゃないですかね(笑)おそらく風俗を楽しんでいる人は理屈で冷静に考えて遊ぶよりも本能に委ねて自分の好きなように遊んでいる人の方が多いんじゃないのかなって思うんですよ。実際の所、その方が楽じゃないですか。細かいことを考えたり、あるいは配慮が求められるサービスで遊ぶよりも風俗のように本能を発散させることが出来るサービスで遊んでいた方が自分自身にとっても良いんじゃないですかね(笑)そんな気持ちがあるので、風俗で遊ぶ時には本能に任せて遊ぶよう心掛けているんですよね。

それだけ、風俗が凄いんですよ

もはや何も言葉はいらないというか、あれだけの満足がまっているとは…という感動ですかね。別に初めての風俗って訳じゃないんですけど、改めて感じたのは自分のためにあれだけ真剣に楽しませようとしてくれるんです。気持ち良さだけではなく、男の心の奥底に眠っているであろう何かまで刺激されたのは言うまでもありません(笑)だから彼女との満足は、もはやただ満足するというだけのものではなく、いろいろなものをもたらしてくれたことになったんじゃないのかなって思っています。それだけに、風俗で遊ぶのであればこれだけ満足出来る女の子を選ぶこともまた、大切なのかもしれないなって思いました。そのためにもポータルサイトだけではなく、ホームページなどを通していろいろなものをチェックし、誰が自分に最高の満足感をもたらしてくれるのかを考えることもまた、大切なことなのかもしれないなって思ったんです。それに気付けただけでも有意義だったんじゃないかなと。