風俗で新年を迎えた

風俗はご褒美ですよね(笑)

風俗っていろんな考え方があると思うんですけど、自分にとってはある種のご褒美かなって思っているんですよ(笑)というのも風俗ってそんなに毎日のように遊べるものではないんです。自分も含めてたまに遊ぶ程度という人がとても多いと思うんですけど、その「たまに」をいつにするのか。これに関しては人それぞれ考え方が違ってくると思うんですよね。自分の場合ですけど、給料日直後よりもむしろどのようなタイミングなのかと言う方が結構重要なんですよ。仕事が立て込んでいる時にはさすがに風俗にって気持ちにはなりにくいんですけど、仕事が一段落した時やプロジェクトが成功した時など、ちょっとした合間に遊ぶことが多いので自分へのご褒美的に遊ぶケースが多いんですよね。だから風俗を楽しむということは、自分の中ではご褒美のようなものになりますので、自分で遊ぶ時にはいろんな形で楽しませてもらっていると思いきや、案外「ベストタイミング」で遊んでいるなと。

忙しい時だからこそのデリヘル

忙しい時はデリヘルで遊ぶことが多いです。デリヘルで遊べるなら別に忙しくないんじゃないかと思われるかもしれないんですけど、そうじゃないんですよ(笑)確かにデリヘルも風俗ですけど、風俗だけじゃなく、他のサービスには営業時間があるじゃないですか。店舗として営業していると、どうしても営業時間があります。そして、こちらには終電があります。だから残業続きになると何も出来ずに終電で帰宅するだけ…になってしまいますけど、デリヘルは自宅に来てくれるし、それに深夜過ぎまで営業している所も珍しくありませんので、そこで遊ぼうって気持ちになりやすいんですよね。それもあるので、忙しい時にはデリヘルで遊ぶというよりも、自ずと選択肢がデリヘルだけしかなくなっているってことなんですけど、デリヘルで遊べればそれだけで十分かなっていう気持ちもあるんですよ。特に手間がかかるようなこともないですし、デリヘルって本当にありがたいなって。