風俗で新年を迎えた

この風俗がっていう自負がある

性感マッサージは「これが一番だ」と感じている風俗なんですよね。これまで数ある風俗の御世話になってきましたけど、間違いなく一番なんじゃないのかなって思っています。単純に楽しいのはありますけど、自分の性癖、価値観。これらにマッチしているなって。風俗ってあまり偉そうなことは言いたくないんですけど男がお客じゃないですか。だからこっちとしてはあまり頑張りたくないんですよね(笑)あくまでも風俗嬢にガンガン攻めてもらいたいんです。マゾって訳じゃないんですけど、風俗では女の子にサービスしてもらいたいなって気持ちが強いんですよ。じゃあ他に何をしてくれるのかってなった時、性感マッサージはまさに理想そのものと言っても決して大げさではないですね(笑)理想に完全にマッチしていると言っても大げさじゃないくらい、自分が一番ハマったものなんじゃないのかなって。それくらい性感マッサージはとても素晴らしいジャンルだなってことです。

期待値と風俗と

風俗に期待するのはおかしな話ではありません。最高の非日常と言っても決して大げさではないだけに、期待するなと言う方が無理なんじゃないのかなとも思うんですけど、その一方で期待値が高まりすぎてしまうと本来であればかなり楽しい時間を過ごせているのに、期待値の高さのおかげで「そうでもない」みたいに感じてしまうこともあるんじゃないのかなって思うんですよね。だから期待値をあまり高めないこともまた、何気にとても大切なことなんじゃないのかなと思うんです。だから風俗で遊ぶ時にはあまり期待をし過ぎないようにとの気持ちは持つようにしています。あまり期待を高めすぎてしまうと相手の存在に対してどうしても期待値が高まりすぎてしまう部分も出てしまって、勿体ない展開になってしまう可能性もあるじゃないですか。それなら初めからあまり期待をしない方が良いんじゃないのかなと。そうはいってもホームページ等を見るとどうしても期待してしまうんですが(笑)