風俗で新年を迎えた

美人であれば細かいことは気にならない

男は美人に弱いって言いますけど、それは風俗でもおなじですよね。美人だなと思うタイプの風俗嬢と遊んでいると満足出来るというのもありますけど、相手云々ではないんですよね。あんまりあれこれ考えなくても良いというか、美人であれば何でも許せる。そんな気持ちになってくるんですよ(笑)不思議なもので、美人というだけでこちらが相当何も思わなくなるんです。美人じゃないともう少しシビアになるのが男じゃないですか。「ちゃんとやれ」とか「もっと頑張れ」みたいな(笑)でも美人風俗嬢を相手にしている時だけはそういった気持ちもなく、思う存分楽しめるんですよね。だから選ぶなら美人にしておけば間違いないんじゃないのかなと言う思いは、最近では確信になったんじゃないかなって。満足度と言う点でももちろんなんですけど、相手選びと言う点で美人というのは一つの指標になるんじゃないのかなって思いましたね。それくらい重要な事だなって実感しています。

テクニック勝負だったんでしょう

彼女、テクニック勝負の風俗嬢でしたね。決して外見が悪いってことじゃないんですよ(笑)ただ、雰囲気だとかに頼るのではなく、あくまでもテクニックで勝負してくれる風俗嬢だったんですよ。それでこっちも安心感と言うか、これならもっともっと楽しめるだろうっていう気持ちになりましたね。単純に快感勝負ってことで、結構いろいろな気持ちになりました。こういった形もあるんだなとか、他の風俗ではあまり味わったことが無いようなプレイも見せてくれましたね。それに、安易に他の部分に頼ることがないので、とにかく口だけでこちらを発射にまで導こうとしてくれましたし、実際にそれでゴールとなりました。彼女のあの一定のリズムに則ったお口での奉仕は、ある意味とってもハイレベルなものだったんじゃないのかなって思いますよね。だからこそ、自分自身の心をあそこまで動かされたんじゃないのかなっていう気持ちがあるので、貴重な時間になりましたよ。